一万円から資産を作るビットコインFX再チャレンジ失敗のお知らせ




ザイフで始めたビットコインFXの1万円チャレンジ。
一発目のザイフで余裕で資産を増やすことができてしまい、調子に乗っていたところ、
ザイフ名物『必殺ロスカット』に遭い資産はゼロへ。
その時の記事はこちら。

ゼロというより、マイナスになりました。
幸いザイフは追証が無い為、支払わなくても大丈夫ですが、
このマイナス部分を解消しないと取引は開始できません。

悲しかったです。
と、言ってもあくまでも投資は自己責任。
焼かれようが何しようがリスクヘッジを怠った自分自身のせいなのです。
もっと冷徹に躊躇なく損切りができるようにならないと駄目ですね。

ザイフからビットバンクトレードにお引越し

そこから再起をかけてビットバンクトレードに移りました。
なんと今回もまた、一万円から15万円までさほど苦労せず増やすことができてしまったのです。
手数料が高いと評判のビットバンクトレード。
それゆえ短期トレード、スキャルピングなんてしようものなら気が付けば注文ができないことになっているでしょう。

とはいえ、こんなにすんなり増やせるようになると、余裕をかまし始めるものです。
僕だけだと思いますが。。。
ビットバンクトレードは手数料が高い代わりにスワップがなく、ロスカットも20%までと安心?な仕様になっています。
20%までならたいがい耐えて戻ってくれる。
そう信じてやってきたせいか、いやな予感がしつつもちょっと下に落ち始めていましたが余裕かまして寝ロングをかましたのです。

悪魔の深夜2時

一通のメールで目が覚めました。
実はそれまでに50%を下回った時に出されるアラートも来ていたのですが、全く気が付かず。
死んだように眠っていました。
しかしなぜかロスカット通知にだけは目を覚ますという寝ていながらにしては素早い反射神経。
が、時すでに遅く。資産は虫の息状態。
焦りから、よくチャートを見ずに取り返したい一心で再度ロングを入れるも焼かれ。
遂に、注文を出せる最低資産を下回ってしまい退場することに。

ビットバンクトレードを利用する際の注意点

ビットバンクトレードは最低注文枚数が10枚からです。
以前は一枚からできたようですが今は10枚からとなっています。
ビットコインの相場にもよりますが、一万円ピッタリではたいていの場合取引はできません。
僕は一発目の取引でぎりぎりの金額だったため少しの値動きで利確してしまい、
手数料を失い最低注文枚数を注文出せなくなり、あえなく一万円を追加しました。

そこからなんだかんだ、地合いが悪いながらも10日間ほどで15万円まで行きました。
レバレッジは最大20倍かけることができます。

ビットバンクトレードはお勧めか?

僕の見解では、何とも言えない感じです。
僕のように余裕をかましてロスカットに遭った場合損失も大きくなります。
僕はロスカット50%くらいのところでやるのが一番いいのではないかなと思っています。

まだまだ冷徹に損切りができないため、早い段階でロスカットに遭ったほうが生き残れると考えているからです。

ボラも大きいビットコインのトレードにおいて甘えや自分の期待など無駄以外の何物でもありません。
ここを乗り越えないと勝てないんだと学びました。

2度の退場を経て、BitMexへ

ビットバンクトレードで注文が出せなくなり残った資金4千円分ほどのビットコインをMEXへ。
送金手数料などもあり、使えるのは3千円くらいだったのかな?
レバ100倍で何度かトレードを繰り返し、1万円まで増えました。
そして増えたその夜、また資産はゼロになりました。
ちょっとやけくそになっていたので、焼かれて当然。

ここからこれまでずっと敬遠していたビットフライヤーへ。

なぜ敬遠していたかと言うとサーバーの評判が良くなかったから。
ザイフで嫌な思いをしたので、同じ理由でまた嫌な思いはしたくないなと思っていたから。

ビットフライヤーで4度目の挑戦へ

現在ビットフライヤー3日目ですが非常に使いやすいです。
スマホでは画面が上下に動くのが不愉快なのとやはり注文が通らない事がありますがおおむね満足しています。
資産は順調に減少しましたが3日目からプラスに転じました。
これでの反省を活かしてもう退場しないようコツコツ堅実に頑張ります。
いちなみに今回も1万円からです。
少し減らしたけど今日で11000円まで来ました!
退場していなければ経過を細かく報告していきますのでお楽しみに!

これまで細かく書かなかったのでは各タイミングで退場していたから。。。
暇ができた=退場しているという事実。。。

頑張ります!

スポンサードリンク

5asia.net