THETA Sで夜景に挑戦!その性能は意外にも、、、

THETA S 夜景




THETA Sで夜景に挑戦

ロケーション:東京郊外

真っ暗な場所を探したいけど近所ではなかなか難しい。
街灯があるだけでも意外に難しい。
THETA Sは光を集める能力に関してはなかなかだと思うけど、近場の光とのバランス次第かな。
近場に光があるとシャッター時間が遅くなるにつれて近場の光を集めすぎてみるに堪えない写真になります。
あたりは真っ暗で満点の星空にあこがれますね。
もしいい感じの星空が撮れるなら、THETAを持って青ヶ島とか行ってみたい。ニュージーランドのレイクテカポなんかもいいな。

#theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

遠くに東京タワーやスカイツリーも見えてこれが写れば最高だなと思う。

さすがに遠くのものは表現できない

#theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

東京郊外の高台から。スカイツリーや東京タワーが一望できる。さすがに写らないか。なんとか写してみたい。街灯がうるさいから少し抑え目。 Too much lights to shoot stars…. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

設定の限界を感じ始める

星をもっと映したいけど、明るすぎる。設定の限界を感じる。星を撮るにはロケーションが悪すぎるかな。

#theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

歩道橋の上から撮影。

#theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

真夜中に暗闇の斜面をひたすら上って撮影。
かなり冷え込んだ夜中に真っ黒のダウンを着て完全防寒で真っ暗な丘を登っていたため確実に怪しい人になっていた。
THETA Sは夜景をとるのがすごく楽しい。
夏の赤い月なんかもとりたいなと思うが、THETAはあまり遠くのものを表現するのが得意ではないからもどかしい。

今日も空が綺麗 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です