THETA S快晴での撮影。その写り具合は如何に

THETA S bigsight




見たものすべては表現できない

遠くに富士山がはっきりと見えていたので撮影にチャレンジ。
自分が映り込まないようにと少し離れて隠れて撮影を試みるもこの日はかなりの強風で、ミニ三脚に立てているTHETAがかなり揺れる。
レンズがむき出しだから倒れないか気が気じゃない。
そしてさすがに富士山はほとんど認識できない。
強風での動画撮影は内臓マイクでは残念な結果に。

I can see Mt.FUJI clearly today but theta can’t tell you exactly what I see… すごくはっきりと富士山が見える。これが表現できたらと思う風の強い午後。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

一度シャッターを押せば全てが写るとはいえやっぱり遠くのものは見えないなと。
グリグリやったり拡大してみても見えないですね。

TOKYO BIGSIGHT

二枚目は東京ビッグサイトのエントランス広場から。

@tokyo bigsight #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

疑問が生まれ始めた

360度カメラって本当に楽しいのかな?
使い方次第だな。もう少し使い倒してみよう。
カメラワークが必要ないのは良い点でもあり、なんだか物足りない気もしてきてしまうのは僕だけだろうか。

つづく

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です