360度カメラの魅力と葛藤。そもそもそんなに魅力的なのか

gear360




360度カメラ

360度カメラの市場は日に日に過熱していて、色々なメーカーから新商品が続々発表されている。
今気になっているのは、SAMUSUNGの”GEAR 360″である。
Youtubeの動画も参考までに。

葛藤の部分

この葛藤が何かというと、やはりもっといいカメラがどんどん出てくることによって物欲が刺激されてしまうところだ。
でもこれは何も360度カメラに限ったことではない。
新しいテクノロジーが搭載されていたり解像度が大幅に向上していたりするとやはり欲しくなってしまう。
後は、編集次第でどうにかなるけど、常に自分が映り込んでしまうのはやっぱり抵抗がある。
景色や周りの状況などを中心に見てほしいけど、常にアングルを変えると自分が映ってるのは気になってしまう。

予算を気にしないのであれば、
Goproを16台連結させたオデッセイなんて使ってみたい。
また、Sphericam V2も気になる。
いずれも趣味で気軽に使おうと思う値段を遥かに超えてしまっているので現実的じゃないかな。

やっぱり手軽にって考えるとTHETAやGear360に落ち着くのかな。
Gear360は防水なのも魅力だ。
THETAの新作には防水、4K動画なんかも期待したいところだ。
でも、そもそもなんだけど、360度カメラってそんなに魅力的なのかな。。。
なんか踊らされてるだけな気もしてきたな。

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です