引越しの際のインターネット環境の手続きが面倒だった話




引越しの際のインターネット環境の手続きが超面倒だった

引越しをする事になりました。
決まったのが先週の水曜日。
そして引越しは翌週の火曜日で、今の家の契約がその翌日の水曜日というかなりのスピード感。

別に好きでこのスピード感担ったわけではありません。好みの物件だっていつ出てくるかわからないし、計画をバッチリできることだってすくないはず。
今回は引越しの際のインターネット環境の手続きが面倒だった件について書きます。ちなみにソフトバンク光です。

インターネットの引越し手続きは時間がかかる

何に時間がかかるかというと、
①今住んでいる場所でのインターネットを止める作業(工事込み)
②新しい場所での接続作業(工事込み)
です。
しかも12月なので、現住所の電波をストップさせる作業が出来る日程のめどが立たないとのこと。
少なくとも通常であれば2ヶ月前には言っていただいているのでとカスタマーサポートには言われた。
そんなに早く予定立てられないし。。
そして、そのストップさせる作業が終わらないと、新しい住所での接続ができない。

理不尽!しばらく使えなくてもお金ちゃんと払ってね

更に、その一連の作業が終わらなければ、ずっと新しい住所ではネットは使えず、その間使えないにもかかわらずお金を払い続けてもらいますと言われた。
これって理不尽じゃないのかな?
俺が言うの遅かったのもあるけどさ、この時期だからストップの工事が入れる目処が立たなくて、二ヶ月くらい時間を要するかもしれないとの事。意味がわからないですよね。
そもそも工事ってなんなんだろう。
マンションなんだけど、接続するときなんの特別な機材も取り付けていないし、なんの工事もしてない。線とモデムを繋いだのみ。

繋がる目処が立たないからソフトバンクは解約する事に

仕事でも使っているからネットが使えないのは致命的とも言える。
しかも、使えないのにお金を払い続ける事に納得ができない。
悩んだ末に、一万円ちょっと違約金がかかっても解約する事に。
そして、ここからまた、ややこしい事に。

解約後にも工事が必要

「解約後にも回線をストップさせる工事が必要になるので立会いをお願いします」と言われた。
その工事は最短で二週間後だそう。
引越した次の日には賃貸契約が切れているにもかかわらずどうやって立ち会うのか。
管理会社におねがいして立会いをしてもらってくださいとソフトバンク。
管理会社は個人の契約だからこっちは関与出来ない、と。
そりゃそうだよね。
しかも、工事なんてするひつようがないよねという話に。
それをソフトバンクに伝えると管理会社が工事必要ないというなら工事はなくて大丈夫です、これにて解約は完了です、と。
なんだそれ。
これはソフトバンクに関わらずどこも一緒なんだろうか?
あんまり回線ごと引っ越しというのが経験がないからよく分からないけど、これが普通なら引越しが決まりそうな時点で早めにネットの手続きはしなくちゃいけないって事なんだろう。

これまで特にサービスにかんしてソフトバンクにはなんの不満もなかったんだけど、今回の電話対応に関してだけはモヤモヤしたものが残ってしまった。
まぁオペレーターさんもわざと話をこじらせたくてやっているわけではないだろうからあんまりネチネチしても仕方ないから今回は違約金払ってスパッとやめる事にした。
うちの地域はau光がサービス提供されてないし、困ったなぁ。
さてどうしよう。モバイルルーターでしのげるとは思えないから早々に何か契約しないといけないな。

皆さんも、引越しが決まったら早めに手続きしましょう。
もしかしたら、引越し先では繋がらない地域という可能性もありますし、”工事”や作業の関係でネットが繋がる日が相当後になってしまう可能性があります。またソフトバンクは場所によって、新しい場所での工事には24000円掛かるそうなので、インターネットのお引越しにも費用が付いて回ります。
ただでさえ引越しにはお金がかかるので、何とかその他のものは安く済ませたいのが本音ですよね。

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です