動画編集するならやっぱりadobe製品を使うのがベター




僕が趣味で動画編集を始めた時、どのソフトでやればいいのか色々悩んだ。
昔から一貫してWindowsユーザーなので、
ただカットして繋げるくらいであれば、Windowsの付属ソフトで充分だっただろう。
しばらくして、いろんなことをもう少し細かくやってみたいなと思うようになり、色々と他のソフトを探すようになった。

無料の動画編集ソフト

仕事で使う場合とかじゃないかぎり、まずいきなりお金をかけたくないなと思うのが普通だと思う。
僕も御多分に洩れず、最初の頃は色々とフリーソフトを試したものだ。
また有料ソフトのお試しとして1ヶ月くらいの試用期間でいくつかソフトを使ったりもしてみたけど、結局有料プランへの移行はしなかった。

adobe製品を使うのが無難

別に絶対Adobeじゃなきゃダメだっていう訳ではないけど、動画編集に関しては、aftereffectsを使ったりもするし、何だかんだcreative cloudに加入しておくと制作にはとても有利だと感じている。
というか、adobe製品を全く使用せずに映像制作をしている人があまり周りにいない。

クラウド化されたことで導入のハードルは下がった

以前だと、adobe製品はパッケージを購入しなきゃいけなくてそれが数千円の話じゃなかったから導入を諦めていた人は多い。
でも今は、単体でソフトを使いたい場合には、自分の必要なソフトだけを月額数千円でピックアップして使うことができるようになったので、以前よりも手を出しやすくなっている。
それでもランニングコストとして毎月費用がかかるので、そこをビジネスで使うのではない場合、少し導入を躊躇してしまう部分があるかもしれない。
全部使えるプランだと年間6万円以上払うことになりますし。

まずは無料でお試し

動画編集のpremier proをまずはお試しで使ってみることをオススメします。
adobeのアカウントを作ってお試ししてみる事になるけど、adobeはたまに出くわす不親切なお試しサービスと違い、お試し期間が過ぎても自動でそのまま有料プランへと移行されてしまう事はない。
だから安心してお試しプランを利用してみることをオススメしたい。
そして、お試しプランが終わった後にまだ踏ん切りがついていない人には、adobeからお得なキャンペーンのお知らせが届いたりして、一年間月額料金の割引を受けられるなんてこともある。
そんな時にタイミングよく導入できるとすごくいいんじゃないかなと思う。

どうしても無料にこだわりたいならDavinci resolveとかでも出来ない事はないけど、使いやすさでいうとadobe製品が一番なんじゃないかなと思います。

有料ソフトを買いきりでインストールしてしまえば、それ以降お金がかからない月額で2千円-6千円円くらいランニングコストがかかるなら買いきりで1万円くらい払ったほうが断然安いし、お財布には優しい。
どんなものを作って行くかにもよるけど、趣味であまり凝った動画編集をしないのであれば買いきりのソフトでも充分対応できると思う。
逆に色んなエフェクトを加えたり、デザインとか凝った動きを加えるようなことをする場合にはadobe製品の右出るものはないのではと思います。

買いきりだから質がくくなるとか劣ってるという事はないので、予算、用途、そして自分が使いやすいと思ったものを選べばいいと思います。

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です