外ロケやインタビュー、対談等にソニーのURX-PO3D




カメラの内臓マイクでは満足のいく音が撮れない、外ではガンマイク使っても音が良くない等、こんなことは頻繁にあります。
今回も、外での撮影があり、ワイヤレスピンマイクを使う事にしました。

手軽にできるZOOM H1で仕込みマイク

いつも、仕込みマイクで音を撮るときは、ZOOM H1にラベリヤマイクを付けて音は別で撮っていました。
状況にもよるけど、やっぱりピンマイク付けてるとクリアに音が撮れます。

ただ、いつもピンマイク使って仕込みをする場合は被写体が1人の時。
インタビューなんかで質問する人の音は要らないとか編集で切っちゃうことが多いし、必要なときはガンマイクや近くにレコーダー置いて音を撮るようにしているのでそこまで困らなかった。

今回の撮影は外。そして被写体が2人。
その2人のやりとりを記録する撮らなくてはならない。付近は騒音も多いのでピンマイクは欠かせない。

頻繁に動きの伴う撮影なので有線マイクで撮影するわけにもいかず、ワイヤレスピンマイクを導入することにしました。
ただ、ワイヤレスピンマイクってそんなに安くないんですよね。
これまで使ったことがあるワイヤレスピンマイクはオーディオテクニカのこの製品。

audio-technica オーディオテクニカ ラベリアマイクロホンカメラマウントシステム ATW-1701/L

新品価格
¥45,800から
(2017/2/11 08:55時点)


ただ、オーディオテクニカの製品だと2人の声を受信できなくて、一台の送信機に対して一台の受信機という仕組み。
そうなると2つ用意しなくちゃいけなくて、ごちゃごちゃして面倒。

ZOOM H1にラベリヤマイクで2人別々に音録りする荒技も使えなくないけど、安上がりで予算的には良い代わりに編集段階で余計な手間がかかる。

そこで解決策は、一台の受信機で、二台の送信機から受診できるものを使う事。

ソニー URX-PO3D

これは一台でニ波受診できて、一般の現場でも気軽に使用できる優れもの。
完全業務用の製品に比べたら雲泥の差がある位リーズナブルなんだけど、それでもお値段はある程度します。

SONY URX-P03D UTX-B03 2台 ワイヤレスマイクロホンパッケージ

新品価格
¥182,250から
(2017/2/11 09:00時点)

また、大きな現場とかだとA帯を使う製品だったりするけど、一般的には無許可で使えない、もっとも、値段も高くて予算に合わないから使う事はないけど。
この、ソニーのワイヤレスシステムは一般的な制作現場でも使えるB帯を使います。
さっきでてきたオーディオテクニカは2.4Ghz。
そこら辺の違いは詳しく書いてる記事がたくさんあるのでググって見てください。

オススメはレンタル

やっぱり、予算の限られた中で使うのであればレンタルするのがオススメです。
レンタルするところといえば、
東京カメラ機材レンタルがオススメです!
初めてでも安心して使えます。
他にも、ビデオエイペックス等、色々レンタルしてくれるところはありますので是非調べて見てください!

ギリギリのレンタルとかだと在庫がなくて、色んなところに在庫確認しなくてはならなくなるので、オプションとして幾つか候補に入れておくほうがいいかもしれません。

この先コンスタントに長く使い続ける予定であれば買ってしまったほうが確実にお得です。

スポンサードリンク

5asia.net


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です