外ロケでURX-PO3Dを使ってみた感想。結果欲しくなりました




前回、外ロケやインタビュー、対談等にソニーのURX-PO3Dで書きましたが、ソニーのワイヤレスマイクをレンタルして撮影で使ってきました。

URX-PO3Dを使ってみた感想

初めて一台のレシーバーで2台の送信機から音を録れるタイプを使いましたが、とにかく便利です。
設定も簡単で、音もしっかりとクリアに収録できます。

これまでワイヤレスマイクを使う際にはオーディオテクニカの製品を使っていました。
それはそれで全く不満もなかったし、なんならもう一台買って2波受診する時は2台使おうかなと思っていたくらい。
でも、今回URX-PO3Dを使って見てその便利さに驚きました。

受信機が一台減るだけでも僕にとっては大きな差になります。
ただ、便利は便利なんですが、二人が掛け合いをしているのを撮影するような依頼がそんなに多くないので悩みますね。
お値段もそれなりにしますので、使用頻度が少ないと勿体ないし、もうしばらくは様子見かなと。。

URX-PO3Dのバッテリー消費

バッテリーの持ちの印象ですが、今回はある程度撮影の区切りごとにバッテリー交換をしていたので、
あまりバッテリー持ちがどうだったのか分かりませんでした。
効率が悪そうですが、外で風も強く動きもある撮影だったので、頼れるのがピンマイクからの音声だけで、
念には念を入れてバッテリー交換を行いました。

電池は単3電池を使用

送信機二台それぞれ単3電池2本ずつ、受信機にも単3電池2本で計6本が必要です。

今回はレンタルしましたが、意外に1週間前位の予約確認だと時期にもよると思いますが、在庫がない店舗が多く、
もしURX-PO3Dが必要なら早めに予約することをお勧めします。

でも、一度使うとこの便利さから抜け出せなくなりそうです。この手の案件そんなに多くないけど買っておこうかな。。
もう少し悩みます。

SONY URX-P03D UTX-B03 2台 ワイヤレスマイクロホンパッケージ

新品価格
¥182,250から
(2017/2/15 12:09時点)

スポンサードリンク

5asia.net


2 件のコメント

  • […] 結論から言うと、人の声、インタビューや解説動画を撮る時にはハンディレーダーとラベリアマイクを利用した仕込みマイクで、 音を別どりするのがおススメです。 今回は、話者が一人であるという設定でのお話です。 二人の時でも出来ないことはありませんが、二人の掛け合いなどがある場合には、編集が面倒になってくるので、 ワイヤレスマイクの2波受信するSONYのワイヤレスマイクシステムがおススメです。 詳しくはこちらの記事をご参照ください。 外ロケやインタビュー、対談等にソニーのURX-PO3D 外ロケでURX-PO3Dを使ってみた感想。結果欲しくなりました […]

  • […] 話し手が二人の場合等にはワイヤレスを使うこともあります。 こっちの方が後々編集において手間が省けますし、リアルタイムに音のモニタリングができるので便利です。 しかし、ワイヤレスの場合、電波の干渉など途切れてしまう事も良くあるのでそこは注意が必要です。 ロケなどで使用するSONYのワイヤレスマイクシステムURX-PO3Dは現場の環境にもよるかもしれませんが、特に干渉などもなく快適に使えていました。 こちらの記事を参照 外ロケでURX-PO3Dを使ってみた感想。結果欲しくなりました […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です