静止画用に一眼を新しく買い替えようと計画中




これまで静止画は、気軽にスナップ撮るならFUJIFILMのX20、あえて何かしっかり撮りたいときにはSIGMAのSD1 MERRILLを使ってきた。
X20に関してはスナップだし、見た目も好きで気軽に持ち出せるので特段不満はない。
しかし、問題はSD1 MERRILL。
ご存知の方も多いかと思うがかなり特殊なカメラだ。
現在SIGMAからはSD QUATTRO Hという最新のミラーレスが出ていて評判もなかなか良いのだが、僕は未だにMERRILLが好きで好んで使ってきた。
SD1 MERRILLを好んで使っているけど何が問題なのか?
それは好感度の弱さ。
基本的にISOは100固定で撮るのが基本。
それによってカメラの特徴を最大限に活かす事が出来るのだ。
暗い中でISOを高くするとどうなるかというと、かなりのノイズが出る。
ただ、最高の条件でバシッと決まった時にはこれ以上ない画を作り出してくれるカメラなのだ。

それならそれを使い続ければいいじゃないか。

そう思うかもしれないが、やはり用途によっては不向きなのだ。
室内である程度薄暗いなと感じる所で人を撮るのもすごく難しい。
ましてや、ちょっとした写真の依頼なんかの時にこのカメラでやれる自信はない。
じっくりと時間をかけて止まっている物を撮ったりするなら別だけど、動く人を撮るには向かないかなと。

だからと言ってダメなカメラというわけじゃない。カメラにも向き不向きがあって、動くものを得意としてるカメラに、
SIGMAのように唯一無二の解像度の高さを求めても難しいと思いますし。

FUJIFILM X-T2とPENTAX KP

今現在購入の候補に挙げているのは、
FUJIFILM X-T2とPENTAX KPの二つだ。

X-T2に関しては、FUJIの色合いも好きだし、4Kで動画も撮れるので、今の動画メインの仕事においてサブカメラとしても十分活躍してくれるのではないかと。
なんといってもFUJIFILMのデザインがすごく好きで愛着も沸く。

PENTAX KPに関しては、なんといっても好感度の強さ、そして多少のコンディションの悪い中でも気にせずガンガン使えてしまうタフな所だろうか。
ただ、PENTAXに関しては一度も使ったことがないので未知の領域と言ったところ。

フルサイズかAPS-Cか

良く悩むところだけど、フルサイズ気を買うのかはたまたAPS-C機を買うのか。
フルサイズはステータスっていう見方も当然あるし、フルサイズだからこそのメリットだって当然あると思う。
しかし、用途に応じて機材を選択すればいいと思うので、フルサイズじゃないから良い写真が取れないっていうのはあんまりないと思う。
勿論、物撮りや人物撮影ではプロの現場で使う場合はフルサイズ、またはそれ以上の物を使うのが一般的だと思う。

僕の用途では、メインが動画で、そこまで予算はかけられないけど、記事の中で少し使えるくらいの写真が欲しいと依頼されることが多くなってきた。
そこで今回購入を考えるようになったのだ。

予算をしっかり確保できるならフルサイズ

予算がしっかりと組めるのであればフルサイズにしておくといいと思う。
何が良いか悪いかとかいろいろあるけど大は小を兼ねるので。
そこまで予算をかけられないという人はAPS-Cでも全然問題ないと思うし又は4/3だっていいと思う。
4/3のフラッグシップカメラだってとてもいいカメラが沢山出ている。

センサーの大きさがどうのこうのもあると思うけど、何にどう使っていくのか、そこを見極めて機材を選ぶべきだと思います。
本当にセンスのある人はおもちゃのカメラでも良い写真が撮れるみたいですし。

今の第一候補はX-T2だなー。

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です