電車で撮影機材を持ち運ぶならやっぱりキャスター付きバッグがおススメ




基本的には車人間なので電車には乗りません。
車移動中心で考えると、撮影機材特にビデオカメラを入れるカメラバッグはキャスター付きでなくても困らなかったので、大きめの手持ち、ショルダータイプのカメラバッグを使っています。
しかし、最近は駐車場が確保できない場所、車で乗り付け出来ない施設などでの撮影の依頼がちょこちょこと増えてきていて、頻繁に電車移動をするようになりました。

そして気が付いたことは、電車移動でショルダーはキツイという事。
カメラバッグだけでなく、三脚や脚立なども持っていくので、満員電車なんかに重なってしまったときには帰りたくなくなります。
満員電車に乗るときは金網を確保できないことも多いし、真ん中に追いやられるときにとにかく荷物を離さないよう、そしてなるべく邪魔にならないようにすることを心がけます。

やっぱり電車移動はキャスター付きがいい

こんなの当たり前かもしれませんが、途中から電車移動をするようになった今の僕としては喉から手が出る程キャスター付きが欲しい。
キャスター付きであっても、車移動の際に邪魔になる事はないので買っておいて悪いことはない。
これからの時期暑くなってくるので、手持ちで重い物を持っていると尋常じゃないほど汗をかくのでなるべく楽をしたいところ。

今使っているビデオ用カメラバッグ

現在使用しているビデオカメラ用のカメラバッグは、エツミアペックスシューティングプロ4D E-3470。
AG-UX180を購入した際に一緒に購入したカメラバッグです。

エツミアペックス
サイズ感、収納力、それぞれのポケットへのアクセスのしやすさはとても良く、コストパフォーマンスはかなり高いと思います。
写真ではあまり入れていませんが、普段は各種予備バッテリーをたくさんサイドポケットに入れて正面のポケットには11インチのPC、タブレットも入れています。車移動がメインであればこのバッグで何一つ不満はありません。
しかし、電車移動が多くなっている現在では、キャスター付きバッグが一刻も早く欲しいところ。
サブカメラとしてX-T2も現場に持っていくことが多いので、キャスター付きで、ビデオカメラとミラーレスが入るバッグを購入したい。

今欲しいキャスター付きのカメラバッグ

やっぱりそこそこ値段は張りますね。
車移動であっても、駐車場から結構歩くところだとやっぱりキャスター付きって便利だなと思うことはあります。

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です