dji SPARK気になる重さとすぐに注文しない理由




DJiから待望のドローンの新製品の発表がありました。

気になるけどすぐに注文しない理由

確かにすごい魅力的な製品ではあるけど、すぐに注文はしない。しばらく待って、供給が安定してからでもいいと思う。
と、いうのも、僕はMAVIC proでモヤモヤしたからです。
その時の記事は良かったら過去記事から見てみてください。

結局待ちきれずにMAVIC PROをキャンセルした理由

2016.11.19

いくら待っても来ないMAVIC PRO。そして新商品の発表をしたDJI

2016.11.17

出荷は後回しになるくらい。
さすがに今回は、MAVICの教訓もあるのでオーダー数はし早めに制限していると思いますが。

気になる重さは?

規制の200グラムをクリアしているかどうかというのは誰しもが気になるところ。
しかし、これに関する情報は大々的には明示されておりません。
もし、200グラムをクリアしているのであれば日本においては確実に売り文句として一番最初に目につくところに情報を置いてくるのではないでしょうか。
実際の重量は、離陸重量300グラムという記載がありました。
200グラムを下回っていないという事はいくら小型になったとはいえ、手放しで喜んでどこでも飛ばしていいという訳ではありません。
たったの100グラムなんだけど200グラムを下回っていないという事は、これだけ小さなドローンとはいえ上位機種のドローンとさして変わらない規制を受けるという事。
小さいしセルフィーが撮れるからと言って人がたくさん集まる場所で気軽に飛ばせるわけではありません。

Dji Sparkは4Kではない

パーソナルドローン、セルフィードローンという打ち出し方なので本格的な空撮用ではない。
そのため4Kでの撮影はできない。
しかし、ちょっと空撮に興味があってこれから始めてみたい、セルフィーを撮る目的で使いたいという人にとっては手が届きやすいのではないだろうか。
個人的にはセルフィーを撮るためにわざわざドローンを使う気にならないのでセルフィー目的では全く魅力は感じていないが、この大きさと価格は魅力的だなと思います。

DJI SPARK買うなら公式サイトからがオススメ

前回MAVICでわかったけど、代理店から買うと遅いし発送状況とか予測とか全く分からなかった。
闊達なコミュニケーションが期待できないのでフラストレーションがすごかった。
公式とて同じことかもしれませんが、あまりにもレスポンスが遅く、音沙汰なかったので、僕は2度と代理店からは買いたくないなと思ってしまいました。
お金を取る以上、企業としての責任ていうのは必ずあると思うので、そこらへんはしっかりしてもらえたらなと思いました。
尚、現段階で購入を検討している方はSPARK単体での注文を推奨されています。
供給の関係だと思います。

購入のハードルは下がる一方

購入のハードルは下がる一方ですが、飛ばすハードルは手放しで喜べるほど低くありません。
だからこそ200グラムという、壁が一番気になるところ。
ルールを守り、安全に空撮を楽しむ事が一番大切ですね。
じゃないとしっかりルールを守っている人たちも、肩身が狭くなってしまいますし。
とはいうものの、空撮エントリーには確実にもってこいな一台だと思います。
良くも悪くも簡単に飛ばせてしまうので、少しの練習でコツを掴んでしまえると思います。
是非初めて購入する人は普段見ることのできない世界を楽しんでみてください。
気になるけどまだドローンを持っていない人向けに、DJI MAVIC PROとSPARKどちらがおススメかを書いてみたのでこちらも参考にしてみてください。

DJI MAVIC PROとDJI SPARKどっちがおススメ?

2017.05.26

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です