僕がGoProに飽きてしまった理由

HERO5




タイトルは少々大げさですが、GoProに物足りなさを感じてしまうことがあるのは事実なんです。
今でも普通に使いますし、GoProは好きです。
HERO5だって速攻買ったくらいです。
散々このブログでGoPro好きを出しておいて、GoProの何が物足りないのか、何が不満なのかなどを書いていきたいと思います。

GoProに少し飽き始めた理由

GoProは、一台そのものだけを持ち出しても十分楽しめます。
普段撮れない映像なども撮れるし、GoProでしか撮れない映像もあると思う。
アクションカメラとしての用途ではやっぱり1番信頼できる気がします。
しかし、
アクションカメラとしての用途って、誰にでも毎日訪れるわけではない。
かくいう僕も、なんだかんだ水の中での使用は一度もない。
雨の日にずぶ濡れになるような事もしない。
そもそも海にもいかないし、山や川にも滅多に行かない。

ロードバイクとか自転車もやらないし、スケボーもスノボーもスキーもやらない。
そんな僕がGoProを持つ意味はと聞かれると回答に困ってしまう。
好きだから使うというのが1番なんだけど、自分の使い方ではGoProの良さを全く活かせていない。

ズームができない

これを不満というと、
それなら使わなきゃいいだろうという結論になってしまいますが。
GoProだけを持って出かけて、GoProだけで全てを済まそうとするとやっぱり物足りなさを感じてしまう。

GoProのある生活

最近では、アウトドアスポーツとかハードなGoProユーザーだけでなく、カジュアルに普段からGoProを使うひとが増えている。
それを裏付けるように、ツイッターなどでは普通の日常を”GoProのある生活”というタグをつけて写真を投稿する人が多くいる。

さて、自分はどうだろう?
たいして持ち歩いても撮っていない事に気がついた。
タイムラプスが手軽に撮れてタイムラプス動画もパッと作れるので使い方としてはタイムラプスメインだ。
スナップで使う機会はほとんどない。
しかも使ったとしても、物足りなさを感じてしまう。
普通にスナップを撮った時に、どうしても一眼やその他のカメラとの質の違いを考えてしまうからだ。
それを考え始めてから少しずつGoProを使う機会が減ってきてしまった。
多分今後も、水の中で使うことはないし、スナップも他のカメラで済ませてしまうだろう。
そうなると自分は何のためにGoProを持っているのだろうと考えてしまうのである。

GoProがオススメな人はこんな人

・旅好きな人
・アウトドアやエクストリームスポーツをする人
・映像制作をする人

一応自分も映像制作はするけど、GoProならではの映像が必要になるような撮影は今のところしていない。
だから旅だったり普段使いをメインに使ってきた。

ベストなのは、やはりサブカメラとして持ち歩くのが良いのかなと思う。
でもGoProらしい使い方をしない人が普段使いのスナップ用として使うのであれば、同じ金額払えばそこそこ良いでスナップ用のデジカメが買えてしまうのである。
リコーのGRⅡとかはGoProより、ちょっと高いけど普段持ち歩くようのスナップカメラとしてはめちゃくちゃ良いと思う。
結局GoProも予備バッテリーが無いと全然楽しめないし、予備バッテリーあるならバッテリーチャージャーも必要になるし、その他にもアクセサリーを揃える必要も出てくる。
そうすると結局スナップ用にカメラを買った方が良いかなとと思える金額にもなってくる。
アウトドアスポーツとかやる人にとってはGoProが絶対良いと思うけど、カジュアルユーザーで写真好きな人には違った選択肢も検討の余地があるかなと思う。
HERO5が出た当初はすぐに手に入る物は7万越えとかしてました。
GRⅡより高い。。。
オフィシャルで初期に予約できて購入した時は48000円だったから7万越えならHERO5は買わなかっただろうな。
そのうち値段も落ち着くとは思うけど、スナップ的に使うならこっちの方がオススメです。 

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です