自分の耳の中、見たくないです?子供の中耳炎チェックにも使えるイヤースコープを買いました




どうも、普段見えないものをどうにかして見たくなる人です。
お化けとかは見たくないですけど、深海とか、普段見えないものって見てみたくなりますよね。
今回は耳の中です。
どうしても見たくなって仕方なかったわけじゃなくて、あると便利だなと思ってたイヤースコープを買ってみました。
昨日ドン・キホーテに買い物に行って、たまたま目について衝動買いに近い感じです。

イヤースコープは何の為に買ったのか?

衝動買いとはいえ、需要があったから買ったわけです。
その買った理由はですね、子供の耳の中を見るためです。
うちは家計的に耳が弱くて、遺伝的なところなのかどうかはわかりませんけど、事ある毎にすぐに中耳炎になってしまうんです。
しかも、3人の子供全員中耳炎になりやすいんです。
鼻水出てるな、ちょっと耳気にし始めたなと思うと大体中耳炎になっています。
小児科でも本当にすぐ中耳炎になるねと言われるくらい。
放っておくと、高熱が出たりとか何かと厄介なので、耳を診てもらうタイミングはとても気を使っています。
そこで、自宅でもセルフチェックができれば、受診するタイミングとかに役立つのではと。

1900円のイヤースコープに全く期待していなかったが、、、

ドン・キホーテで1900円で購入したイヤースコープなんて、もし外れても少しくらい助けになればいいかなくらいでした。(ドン・キホーテさんごめんなさい)
でも、実際は使ってみてびっくり!!かなり鮮明に映るし、明るさの調整も可能、しかも耳のお掃除用のヘッドが2つも付属していました。
映像のお仕事もするのでそれなりに画質とかうるさいですし、本当に全くと言っていいほど期待していなかったんです。
どうせやっすいおもちゃドローンの映像程度でしょと。
いやぁ久しぶりに良い意味で騙されました。

イヤースコープをスマホかPCにつないでリアルタイムで確認できる

このリアルタイムで映像を出力して確認できるってとっても便利です。
映像の遅延、レイテンシーは感じません。
自分的に残念なのは、端子がUSBで、それをパキッと折り曲げるとアンドロイドスマホ用のBタイプの端子が中から現れる仕掛けになっているんですが、
僕はXperiaXZ1なんで端子がタイプC なんですよね。。
変換コネクタ買わなきゃじゃんと思っていましたが、HUAWEIのタブレットがあったので、そちらにアプリを入れて接続して使いました。
8インチのタブレットで見ても映像はきれいです。荒くて汚い映像ではなく鮮明に確認ができます。
ちなみに使用するアプリはcamerafiというアプリです。
やたらめったにアプリ入れるの抵抗がありますが、今のところ問題はありません。
現時点でiPhoneには対応していなそうです。
iPhone持っていないの試してもいないので悪しからず。。。

このイヤースコープの優れている点

鮮明に映る画質

解像度が640×480の30万画素とのこと。
まぁ解像度言われてもよくわかんない人多いと思いますが、スマホやタブレットで見るくらいなら全然鮮明に映ってます。
また、写真や動画で様子を記録することもできるので、ありがたいです。

明るさの調整ができる

USB端子の根本付近に白い小さなボタンがあります。
これを押すことで4段階の明るさが調整できます。
安いのにこういうのは素晴らしいですよね。

2in1端子

パソコンへの接続をするUSBとその中にアンドロイドのタイプBが組み込まれた設計。
二つを付け替えなくてもいいので邪魔になりません。

耳だけじゃなくて頭皮や毛穴のチェックにも使える

焦点距離は1.5センチと、かなり寄れます。
頭皮のチェックや毛穴、鼻なんかにもいいかもしれませんね。
鼻はやりたくないですが。
お尻とかやる強者も出てきそうですがおすすめはしません、自己責任でwww

生活防水仕様

ジャブジャブ洗うつもりはありませんが、多少の防水設計というのは清潔に保つうえで嬉しいですね。

イヤースコープの残念な点

LEDの明るさをマックスにしていると熱を持ちます。
火傷するほど熱くはなりませんが、そこそこ熱を持ちますので、長時間の使用は注意が必要かもしれません。

イヤースコープを使う上で大前提として心得るべきこと

これは医療行為をしたいわけではないという事。
あくまでもタイミングをしっかりと見極めたいから。
病院の先生だって、耳をのぞいたら中耳炎になっていたので~って先に言われると気分を害する先生もいるかもしれません。
そもそもそれによって傷つけてしまうかもしれないので、細心の注意を払って使わなくてはなりません。
これも巷では言われていますが、耳掃除自体必要ないという意見もあります。
こういう便利なものでお掃除が楽しくなっちゃう人も出てくるかもしれませんが、ほどほどにしましょう。
僕が購入したものとは違いますが、画質もよりこっちのほうがよさそうですし、おススメのものを紹介しておきます↓
こちらはiPhoneも対応していそうですね!

スポンサードリンク

5asia.net