Karma Gripはやっぱり使ってみたくなるスタビライザー




日本でもKarma Gripガ入手可能になりました。
魅力は何といってもブレない映像が撮れるという所。
用途にもよるけど、DJI OSMOと比べると確実にKarma Gripの方が使いやすいのではないだろうか。

【国内正規品】GoPro Karma Grip 手振れ補正ハンドグリップ

新品価格
¥44,280から
(2017/4/15 13:15時点)

今はOSMOの方が使う機会が多いけど、アウトドアアクティビティとかちょっとした旅、スポーツの時なんかには良いと思う。
なんといっても手軽です。
OSMOの方がメカ感が強いので取り扱いにすごく気を使います。
GoProなら多少雑に扱っても大丈夫だろうという安心感がありますね。

Karma GripとGoPro Hero5

DJI OSMOだとディスプレイが無いので、スマホは必須です。
しかし、GoPro HERO5であればビルトインディスプレイのお陰で、スマホいらずで機動力では格段にOSMOより上です。
やっぱり歩きながら撮ったりするときはディスプレイの有無ってすごく大きいですよね。
撮れてる映像を確認しながら使えるので、Karma GripとHERO5は良い組み合わせですね。

Karma Gripの動画


こういうの見るとすごい欲しくなっちゃいますね。。

GoPro Seekerにマウント出来る

Karma GripをGoPro seekerにマウントして、ウェアラブルスタビライザーとしても活用できます。
ただ、個人的にリュックにグリップがくっついたままの見た目があまり好きじゃない。
グリップ部分がくっついたままマウントする利点としては、ハンドヘルドしたいときにサッと使える事だろう。
グリップ無しでも、マウンティングリングを使ってマウントできるみたいだけど、それでも多少の出っ張りは残りますね。
ブレナイなら贅沢は言えませんが。
やっぱり両手が自由になって、しかもブレナイ映像が撮れる利点は活かさない手はない。

GoPro Seeker

新品価格
¥30,484から
(2017/1/26 12:17時点)

ただ、GoPro Seekerって意外と値が張りますよね。。
造りも素晴らしいし、まさにGoProユーザーにはもってこいですが、ここまで本気の造りじゃなくてもいいから手が届きやすい価格帯のバックパックも作ってほしいなと思う。

Karma Grip使ってみる価値はありそうです。

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です