GoPro KarmaとDji Mavic Proどちらがおススメか




GoPro KarmaとDji Mavic Pro

つい先日、GoProが新しく発表したKarmaが世間をにぎわせました。

そして、その少し後にDrone市場における最大手のDJIからも新商品、Mavic Proが発表された。

両社とも、これまでのドローンの常識を覆す、折り畳み式の構造になっていて、従来よりも持ち運びに困ることがなくなりそうです。
(Karmaは少し幅をとりそうですが。)

GoPro Karmaを選ぶ利点

・ジンバルを取り外してハンドヘルドでブレない映像もとれる
・GoProを取り外して別の用途でも使える

Dji Mavic Proを選ぶ利点

・GoPro karmaよりもコンパクト
・障害物感知センサーなどが優れている

ドローンを購入しようと思ったら考えなくてはならない事

購入する事においては、今までのドローンよりもコンパクトで、価格的にも手が出しやすくなっているため、気軽に購入できそうです。
しかし、一般の人が購入する上で絶対に考えなくてはならない事が、
購入して”気軽に飛ばせる場所が近所にあるか”という事だと思う。
購入のハードルが下がってきている昨今だからこそ一般の人はしっかりと考えなくてはならない。

規制をしっかりと理解しなくてはならない

航空法の規制が厳しい日本においてこれらはとても気軽に飛ばせるとは言いにくい。
特に都市部の住宅密集地に住んでいる人たちにとっては飛ばす場所に困ることになる。

飛ばせる場所、フィールドなどが少しずつ増えてきてはいるものの、ドローンを一般の人向けにPRしていくと、
一般の人たちは美しい映像にあこがれて、飛ばすためのフィールドではなく、いろんな場所で飛ばしたいと考えることになると思う。

誰も見てなければと、飛ばしてはいけない場所で飛ばして、何か起きてしまった時には、今後のドローンユーザーの肩身をさらに狭くしてしまう事にもなりかねる。

そもそも、今はそんなに気軽に飛ばせなくなっていますが、購入して気分はウキウキなのにいざで飛ばしてみると、白い目で見られたりやたらと苦情を言われたりしたらやっぱりお互い嫌な気持ちになりますよね。

タンスの肥やしになってしまいそうな気がする場合は、別なカメラ機材にお金をかけた方が賢明な気がします。
僕だったら、ちょっとお高いカメラスライダーだったり、カメラのレンズとか、GoProの買い増しとか、そんな事にお金を使いますね。

もっとも、健全に飛ばしてドローンライフを満喫したいという人にはとってもおススメですよ!
買わない理由が見つからない位です。

ビジネスに活用したい人は、ドローン検定等も受けてみるといいかもしれませんね。
日本ではホビー用途では少し使いにくくなってきている気がしている物の、プロモーションはホビー色が強めなのでその辺のギャップが大丈夫なのかなと無駄な心配をしています。

皆がしっかりとルールを守って、ドローンを使えることが一番ですね。

スポンサードリンク

5asia.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です