格安アクションカメラapemanが届いたので早速開封。開封レビュー編




前回書いた記事の続きになります。

HERO5

アクションカメラはGoProじゃなきゃダメですか?

2017年7月10日

注文していたapemanというブランドの、おそらくアマゾンで最安値のアクションカメラが2日後に届きました。

中国のシンセンからやってきた子のようです。

猿人国際有限会社

だからapemanなんでしょうね!

格安アクションカメラapemanを早速開封

第一印象としては、黒で統一されたパッケージで意外とカッコいいなといったところ。
値段が値段なだけに高級感は期待していなかったけどシンプルでデザインもすっきりしていて印象は良い。

GoProのあのクリアケース仕様も良いと思うけど、邪魔になるから個人的にはもっと簡素なパッケージでいいなといつも思っている。
そうはいっても、初めてGoProを手に入れた時はこれがGoProかってあのクリアケースで少しだけわくわくしたのも事実。

格安アクションカメラapemanの付属品

4000円に満たない価格でありながら、最低限必要となる付属品はそろっています。

それどころか地味に嬉しかったのが、『クリップマント
これ、買ってもそんなに高くないんだけど買い足さなくていいのは大きいです

ただ、いかんせんこのクリップマウントの使い方が良く分からなくて、よくよく見てみると、
トライポッドマウントになるケースの背中にはめて使う仕様になっていました。

さらっと書きましたが、このトライポッドにマウントできるアクセサリーが付属されている事にも、とても好印象を受けました。

その他は、何に取り付けるかよくわかりませんが、固定させるベルトが入っていたり、なぞに結束バンドが入っていたり。
ただ、この価格帯でこれだけのアクセサリーが入っていれば必要十分ですし、コスパは非常に良いかと思います。

レンズを拭くクロスだけはせめて袋に入れておいてほしかったけど。。。


格安アクションカメラapemanの見た目や重さ、質感

見た目についてですが、正直個人的にはカッコいいとさえ思っています。
物理ボタンは4つで、

・正面  電源ボタン兼モード選択ボタン
・上部  決定ボタン
・右側面 上下選択ボタンとなっています。
背面には1.5インチのLCDディスプレイが搭載されておりますが、タッチスクリーンではありません。

また、ディスプレイを強く推そうとすると、昔のゲームボーイのようなすぐに割れてしまうのではないかと心配になる感じがあります。

タッチではないので強く触るのはやめましょう。
この価格なら仕方ないですし、この大きさのアクションカメラに高性能のディスプレイを搭載されても見辛いですし、たぶん必要ないでしょう。



apemanのバッテリー

全体の質感

全体の質感や印象は、『軽い』です。
本家のGoPro等と比較すると持った感じでおもちゃみたいな軽さだなと感じるはずです。
ただ、軽くて使いやすく、すぐに壊れないなら良いことだと思うので、そこらへんは使っていく中で耐久性に関しても見ていこうと思います。

あ、少しいじってる中で一番びっくりしたのは、なんとこのapeman、ズームができるんです!!

側面のボタンでズームしたり引いたりの操作が出来ます。
何度も言いますがこの価格帯なのでほとんど期待していなかったのですが、なにやらこのapeman、非常に面白いです。

次回から、画質や写り、機能面などについてレビューしていこうと思います。

実写レビューはコチラ↓

格安アクションカメラapemanには手ぶれ補正モードがある。その実力はいかに?

2017年12月6日

格安アクションカメラAPEMANの撮影レビュー編

2017年8月23日

スポンサードリンク

5asia.net


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です